スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Suzukaの使い方

初期設定と、Suzukaの画面について簡単に説明します。(配置は異なる場合があります。)

シンボルリストここに使いたい画像や文字などのファイル(アイテム)を置きます。
アイテムの作成・複製もここから。







メイン画面アイテムを動かすのに最も大切な画面。
動かす方向や距離、時間(フレーム数)、色などなどほとんどをここから設定します。

上部にある虫眼鏡のマークはプレビューで、動き全てを見れます。



上のファイル(F)からプロジェクトのプロパティに行くと初期設定が行えます。

プロジェクトのプロパティ携帯はバージョン:SWF4です。(swf6でも一部を除き可能)
幅・高さは携帯側で勝手に画面幅に縮小してくれますが、画像の大きさにしておけば大丈夫でしょう。
ちなみにオイラの場合、待ち受けは240x320で作ってます。
FPSは1秒間に進むフレームの数です。

スポンサーサイト

アイテムを表示

テキストアイテムを追加し、FLASHに表示させましょう。

  1. シンボルリストで右クリック→アイテムを追加→テキスト追加を押す。

  2. 設定は弄らずに初期表示テキストに"文字"と書く。

  3. このとき、更新を押すとプレビュー画面が更新されます。("文字"と表示される。)
  4. OKを押す。

  5. シンボルリストに"文字"と書かれたテキストアイテムを追加できました。
    これをFLASHに表示させましょう。
  6. 作成した[文字]を右クリック→レイヤーに追加を押す。

  7. これで"文字"がキャンバス上に表示されたと思います。

ではプレビューを押しましょう。

キャンバスと同様に"文字"が表示されたと思います。
(すぐに表示されない方はアイテムの開始フレームを 1 にしてください。)


他のアイテム(画像など)も同様にレイヤーに追加することで表示されます。


■今回の要点
・使いたいアイテムはシンボルリストに追加する。
・表示したいアイテムはレイヤーに追加する。

保存とSWFファイル

FLASHを作成したら保存しましょう。

  • FLASHにする
    ファイル→SWFファイル生成 を押す。拡張子は .swf 。

  • 作成データの保存
    ファイル→名前をつけて保存 を押す。拡張子は .csf 。


FLASH作成に画像や音楽を用いた場合、
そのデータを違うフォルダに移動させてしまうと、パスが一致しないのでデータが見つからずファイルが開けないので注意です。(再度、データを開く画面が出ます。)

深度

アイテムの表示される順序を示すのが深度です。

例えば、テキストアイテム[][][]をこのようにレイヤーに追加した場合、


このように表示されます。


見て分かるように、表示される順序が上から となっています。

レイヤーにある位置が上にあるほど深度が浅く、下にあるほど深度が深くなります。

深度を変えたい場合はアイテムをドラッグして動かしてください。

プロフィール

クロワッサン@

Author:クロワッサン@
FLASHへの質問はコメントにて。

↓携帯サイトはコチラ

QRコード
*FLASHと画像で萌えサイト

カテゴリ

スポンサードリンク

検索フォーム

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

Twitter

Twitter < > Reload

Copyright © クロワッサン@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。