スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fscommand2とは

fscommand2は携帯電話のみに用いられるアクションスクリプトです。時刻や電池残量、電波状態などの携帯に必要な情報を取得することができます。
これらの情報は、そのスクリプトを実行した瞬間のものなのですが、更新するには何度もそのスクリプトを実行する必要があります。(例えば"30秒"という情報を得ても、実行し続けなければ"30秒"のままです。)

携帯のみのアクションスクリプトなので、PCでは動作しません。なので動作を確認するには、携帯に転送するかエミュレーターを使う必要があります。

スポンサーサイト

年月日時分秒

上から 年 , 月 , 日 , 時 , 分 , 秒 です。//以降は返される値です。
  • fscommand2("GetDateYear"); //西暦 年

  • fscommand2("GetDateMonth"); // { 1 - 12 }月

  • fscommand2("GetDateDay"); // { 1 - 31 }日

  • fscommand2("GetTimeHours"); // { 0 - 23 }時

  • fscommand2("GetTimeMinutes"); // { 0 - 59 }分

  • fscommand2("GetTimeSeconds"); // { 0 - 59 }秒

変数を使って
    y = fscommand2("GetDateYear");
とすれば、現在なら y = 2010 ;となります。

電池残量と充電

電池残量および充電に関するアクションスクリプトです。

  • fscommand2("GetBatteryLevel"); //電池残量

  • fscommand2("GetPowerSource"); //バッテリーか充電か

電池残量 fscommand2("GetBatteryLevel"); の返す値は、{ 0 , 1 , 2 , 3 } です。
0が残量無し、3が残量最大です。

充電かどうかの fscommand2("GetPowerSource"); は、{ 0 , 1 }です。
0がバッテリー、1が充電です。


ただ、softbankは電池残量の返される値が違うとか何とか…。

電波状態

電波状態の情報を得るアクションスクリプトです。

  • fscommand2("GetMaxSignalLevel"); //電波状態の最大値

  • fscommand2("GetSignalLevel"); //電波状態

電波状態を得るだけなら fscommand2("GetSignalLevel"); だけでいいのですが、ここで問題が。
docomo au softbank などなどによって取得できる情報の値が違うんです。
    docomo → 最大 { 3 , 2 , 1 , 0 } 圏外
    au → 最高 { 4 , 3 , 2 , 1 , 0 } 圏外
    softbank → 最高 { 100 ,31 , 23 , 1 ,0 } 圏外 (未確認)
    WILLCOM他 → 未確認
となります。

なので、fscommand2("GetMaxSignalLevel"); を用いて対応確認を行います。
fscommand2("GetMaxSignalLevel"); の値が 3 → docomo , 4 → au , 100 → softbank ですね。

ちなみに、電波状態のアンテナの表示ですが、
    docomo → 3 , 2 , 1 , 圏外(0)
    au → 3 , 2 , 1 , 0 , 圏外
    softbank → 3 , 2 , 1 , 0 , 圏外
らしいです。(au のみ確認)



電池残量も含め確認用FLASH作るべきですね・・・。

プロフィール

クロワッサン@

Author:クロワッサン@
FLASHへの質問はコメントにて。

↓携帯サイトはコチラ

QRコード
*FLASHと画像で萌えサイト

カテゴリ

スポンサードリンク

検索フォーム

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

Twitter

Twitter < > Reload

Copyright © クロワッサン@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。