スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Androidアプリ開発環境[Mac]

androidのアプリの開発環境を整えてみました。
java初体験でしかも開発環境なんてflash以外整えたこと無いので、手探りです。メモ感覚で。
ちなみにMacBook Airで整えています。Windowsとは方法が一部異なるのでご注意ください。

整えるためにしたことは次の3つ。
  1. Eclipse 3.7(indigo)のインストール

  2. Eclipseの日本語化

  3. Android SDKのインストール


1.Eclipse 3.7(indigo)のダウンロードしてインストール。


2.Eclipseの日本語化
    PleiadesからPleiades 本体をダウンロード。(2011.1.14現在で最新版1.3.4)

    フォルダ内に入ってるファイルを全てEclipseに入れます。
    この際、Pleiadesのfeaturesとpluginsは中身をEclipseの同一名フォルダにコピーしてください。

    eclipseの[パッケージの内容を表示]して、Contents/MacOS/eclipse.ini の最終行に
      -javaagent:../../../plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
    を追加。

この状態でEclipseを起動して見ると日本語化されていると思います。
起動時に現れるワークスペースの選択は任意(初期の状態でもいいです)の場所に。

3.Android SDKのインストール
    Download the Android SDKからMac OS X (intel) の android-sdk_r16-macosx.zipをダウンロードし、任意のフォルダへ。

    起動したEclipseからヘルプ>新規ソフトウェアのインストールを起こし、
    作業対象に
      https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/
    を入れ画像のように選択して次へ。
    androidsdk[1]
    同意などをしつつ進めて再起動。

    次に、Eclipse>環境設定>Android のSDK ロケーションに参照してandroid-sdk_r16-macosxに設定。

    ウィンドウ>Android SDK Managerを起動し、必要な(または全て)のパッケージをインストール。
    AndroidSDKManager
    結構時間がかかります。

    最後に.bash_profileにandroid-sdk-macosx/toolsのパスを通します。
    Mac備え付けアプリのターミナルを起動。
    pico .bash_profileと打ちEnter。
    そこに、
      export PATH=$PATH:/Applications/android-sdk-mac_86/tools (※例)
    /Applicationsの所はファイルの場所によって変わります。

    書き込みましたら、control+oを押しEnter。control+xでpicoを終了。


これで開発環境は整えれました。

前述しましたが、手探りなので改善点等あればご報告ください。

参考サイト様:
スポンサーサイト

xmlでレイアウト

Androidアプリケーションをxmlでレイアウトしてみました。
javaで処理を加えたもの⇒TextView/EditText/Button/AlertDialog

なお、res/layout/にsample.xmlを作り(main.xmlをコピーペースト)書いていますが、main.xmlでも大丈夫です。
 
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <!-- 無くても良い? -->
<!-- LinearLayoutを使ったレイアウト -->
<!-- xmlnsは変更しない。 -->
<!-- orientationで並べ方を設定。垂直;vertical、水平;horizontal -->
<!-- layout_width;幅、layout_height;高さ。wrap_contentは必要分の幅、fill_parentは画面最大まで。 -->
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
android:orientation="vertical"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="fill_parent"
>

<!-- TextView;テキストの表示 -->
<!-- id;"@+id/~~"で設定。javaで参照する際に必要。 -->
<!-- textはstring.xmlからも設定できる -->
<TextView
android:id="@+id/text"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:text="さんぷろいど"
/>

<!-- 子ビュー(レイアウト内のレイアウト)ではheightをfill_parentにすると下部が表示されずエラー -->
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
android:orientation="horizontal"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="wrap_content"
>
<!-- テキストボックスを作成 -->
<!-- hintはテキストボックス内に薄く表示され、テキストを入れると消える。 -->
<!-- layout_weight;幅の配分.値が小さいほど大きい(widthはfill_parentに).(ここでは2/3) -->
<!-- inputType;入力内容を指定。textだと文字入力(設定無しでもこれがデフォルト?)。 -->
<EditText
android:id="@+id/edit"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="wrap_content"
android:layout_weight="1"
android:hint="テキトーに入れてね。"
android:inputType="text"
/>
<!-- ボタンを作成 -->
<!-- textがボタンに表示される文字 -->
<!-- layout_weightにより幅はここでは1/3 -->
<Button
android:id="@+id/button"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="wrap_content"
android:layout_weight="2"
android:text="CHANGE"
/>
</LinearLayout> <!-- 子ビューの終了 -->

<!-- 最初のTextViewに同じ。 -->
<TextView
android:id="@+id/text2"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:text="テスト中...。"
/>

</LinearLayout>

上記により次のようになります。
xml_LinearLayout

TextView/EditText/Button/AlertDialog

xmlでレイアウトに様々な処理を加えました。
テキストボックスに文字を入れるてCHANGEボタンを押すと、ホップアップにそのテキストが表示されます。
ホップアップでYESを押すとホップアップが消え、"さんぷろいど"⇒"にゅーさんぷろいど"に変わります。NOでは何も起きずにホップアップが消えます。
 
package info.moepict.helloandroid; //個別に設定

/*import*/ //各々のクラスを使うのに必要。Eclipseまかせ。
import android.app.Activity;
import android.app.AlertDialog;
import android.content.DialogInterface;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.view.View.OnClickListener;
import android.widget.Button;
import android.widget.EditText;
import android.widget.TextView;

public class Sample extends Activity{ //基本的にActivityを継承。

@Override
public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);
setContentView(R.layout.sample); //XMLのレイアウトを用いる[res/layout/sample.xml]
//main.xmlに書いたならR.layout.mainに

/*表示するもの一覧 */ // クラス名 変数名 = (クラス名)findViewById(R.id.id名);
final TextView text = (TextView)findViewById(R.id.text); //修飾子finalを入れろと言われたので
// (TextView)findViewById(R.id.text2); //今回は弄らないので不要
final EditText edit = (EditText)findViewById(R.id.edit);
Button button = (Button)findViewById(R.id.button);

/* tv */
//必要なら処理を書く(今回は特になし)

/* edit */

/* button */
button.setOnClickListener( new OnClickListener(){ //匿名クラス=スーパークラスOnClickListenerのサブクラス"名前の無し"を生成。
public void onClick(View v) { //クリック時の処理
AlertDialog.Builder ad = new AlertDialog.Builder(Sample.this); //AlertDialogを変数adに。右辺( )内は(クラス名.this)。
ad.setTitle("AlertDialogです。"); //AlertDialogのタイトル
ad.setMessage( edit.getText() ); //getText(既存のメソッド)でeditに入力した文字を表示
ad.setPositiveButton( "YES" , new DialogInterface.OnClickListener() { //引数1はボタンに表示するテキスト、引数2はnullでも可
public void onClick(DialogInterface dialog,int whichButton) { //処理 //引数はそのままで。
text.setText("にゅーさんぷろいど"); //setText(既存のメソッド)でtextに"にゅーさんぷろいど"を代入⇒textの表示が変わる
} //setText( edit.getText() );にすれば入力されたテキストを代入。
});
ad.setNegativeButton( "NO" , null ); //setPositiveButtonに同じ。//引数2がnullなのでNOを押しても処理は無い。
ad.show(); //表示
}
});

/* text2 */

}
}

以下のようになります。(一度、アラートダイアログでOKを押した後の状態)
TextView/EditText/Button/AlertDialog

プロフィール

クロワッサン@

Author:クロワッサン@
FLASHへの質問はコメントにて。

↓携帯サイトはコチラ

QRコード
*FLASHと画像で萌えサイト

カテゴリ

スポンサードリンク

検索フォーム

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

Twitter

Twitter < > Reload

Copyright © クロワッサン@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。